KOHEY NISHI / にしくん 公式サイトはこちら

近未来のYouTubeはSNSに進化する!そのための予想と準備

YouTubeのSNS化

近未来、YouTubeはSNSに進化する。

事実、コミュニティ投稿の機能が出来たし、ストーリー機能もある。メッセージ機能も元々あったから、機能改良して生まれ変わる可能性がある。もうSNSになって来ていると言っても過言ではないかもしれない。

YouTubeSNS

コロナ時代の現代、YouTubeを投稿する人と観る人がめちゃめちゃ増えた。

YouTubeを見放題なスマホプランも増えたし、これから5Gの時代が来る。だから、動画を観るというハードルがぐんと下がる。

つまり、TwitterやInstagramくらいの感覚で、人々は動画を観て動画をアップするようになる。既に、あまり使われてはいないがつぶやき機能、ストーリー機能はチャンネル登録1000人以上の場合にコミュニティ投稿という名で存在している。メッセージ機能も存在した。受動的に動画を観るだけならSNSではないが、人々が自分のアカウントを持ち、動画を上げ合いっこして、動画まで行かずともつぶやきやストーリーやメッセージをし合うようになれば立派なSNSだ。人々のアカウント所持率と動画投稿率が上がれば、現在はほとんど使われていないそれら機能も必然的に改良されて使われるものになる。

ラジオとして使う文化も生まれ、ライブ配信も活発になり、インスタライブのコラボ機能のように気軽なコラボ配信も生まれるだろう。若者同士の連絡のやり取りは、メール → Twitter(Facebook)→ LINE、そして最近はLINE離れされつつありInstagramメインに変わってきているが、YouTubeがメインになる日も来るかもしれない。

完全にSNS化した時に先駆者であるべし

なぜ、YouTubeはSNS化するという記事を書いたのか。それは、YouTube投稿者は既に沢山いるが、まだまだ伸びてSNS化する。そうならば今から始めても充分に先駆者になれるからだ。

先駆者は金銭的に圧倒的に有利になる。YouTuberにならないという選択をなぜするのか?YouTubeをしない理由がないという考えを訴えたかった。

別に自分はYouTubeの回し者でも何でもない。しかし、外に出れなくなった今、一番可能性のある仕事はYouTuberだと思っている。世界的に不況になれば広告料も大きく下がるが、それでも家で仕事を出来るだけ強い。

Twitterは顔出しせず偽名が多く、LINEはおじさんおばさんが参入している中で、若者のメインの連絡のやり取りはInstagramになっている。しかし、Instagramも若者文化じゃなくなってきた今、次にメインのSNSとなるのはYouTubeだろう。

ただの動画配信サービスではなく、SNS化した方が、ユーザーはアプリを使う時間が増える。だから、YouTube側がSNS化させようと考えるのは自然。もっと気軽にチャンネル登録をしあい、気軽に動画投稿と視聴をしあって、コミュニケーションを取るサービスになっていく。

だから、そうなる前にYouTuberになろう。

SNSシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

KOHEY NISHI / にしくん。1993年4月23日東京生まれ。身長109cm。23歳の時にアダルト業界で監督兼男優デビュー。現在は、タレント、俳優、YouTuber、プログラマー。そして、CBDエバンジェリストとして活動中。"KOHEY NISHI’S CBD ONLINE SHOP"オーナー。