KOHEY NISHI / にしくん 公式サイトはこちら

YouTubeを毎日投稿するべき理由|YouTube戦略【昔と今】

YouTube毎日投稿戦略

YouTubeは毎日投稿するべきだ。たくさん動画があった方が良いからとかそんな単純な理由ではない。YouTubeは昔と今で大きく変わった。そして今、YouTubeを毎日投稿することに大きな価値がある。

前に、にしくんのYouTuber歴を書いた。YouTubeがなければアダルト業界には行けなかった。しかし、アダルトの規制が厳しくなり、多くの動画は消された。その後なかなか他のジャンルでYouTubeが上手くいかず、最近はYouTubeを休んでいた。

そして今回、KOHEY NISHI’S YOUTUBE CHANNELを新たに作り、一から再スタートする事にした。改めて、戦略について考える。昔と今とではYouTubeが大きく変わっている。

昔と今のYouTubeの視聴者層の拡大

大きく変わったのは視聴者層の拡大だ。

デンマイクでセクシー女優さんとトークして簡単に合計100万再生超えた4年前。昔は、YouTubeというのは未成年を中心とした若年層の文化だった。しかし今は大人が増えた。ITサービスは総じて、最初に新しいサービスに飛び込み楽しむのは若年層で、人が増えるとビジネスになるからと大人がビジネスとして食いつき、大人向けの物も出来てきて顧客も大人が入りだす。

4年前は視聴者の多くは子どもで子ども向けのチャンネルばかり。ビジネス路線に少し動きだした頃だった。今は、大人がかなり増えて分母が増えた。その反面、規制も厳しくなった。

そんな中で何が出来るだろうか?需要がどう変化しただろうか?

動画SEOの重要性と変化

昔、人々にYouTubeを見る習慣というのはあまりなかった。動画も少なかった。だから、YouTubeは明白な目的があって開かれるサイトだった。知りたいこと、見たいこと、もしくはお気に入りの動画があって、それを見るためにYouTubeを開いた。

見る予定とされていなかったその他の動画は、目当てのものの類似の動画を検索した際に上位に表示されるか、関連動画で上位表示され、そして目に留まり見たいと思われる必要があった。逆に言えば、その検索と関連動画に上がりクリックされるシステムさえ作ってしまえば良かった。結果、コツを掴めばぽっと出でも小手先の動画SEOとインパクトで再生回数を稼ぐのは簡単だった。

今はどうだろうか?メジャーなジャンルには既に先駆者で成功者のYouTuberがいるので、簡単に狙えるワードが少なくなった。

しかし、良い点もある。それは、マイナーな動画も受け入れられるようになったこと。昔は、YouTubeで検索されて有名動画の関連動画に上がることを狙った動画でなければ気付かれず埋もれた。今はYouTubeを開く人が多く、内容が多様化し、ググるようにYouTubeで検索する習慣も増え、Google検索上位に動画枠も設けられ、非常に入り口が増えた。だから、どんな動画でも気付かれる機会が増えた。

昔は、動画SEOで大当たりを狙いに行って大きく当たるか外れるかだったけれど、今はニッチなところやとりあえず得意なことからコツコツ始めて、徐々に成長を狙えるようになった。

チャンネル登録の効果

4年半前、自分は当時無名の素人でチャンネル登録者がもちろん0から始めた。しかし、最初から10万再生くらいは当たり前だった。その後、しくじっても1万再生、上手く行けば数十万再生を繰り返した。じゃあ、チャンネル登録は凄かったのか?というと、そんなことはない。悪かった。チャンネル登録は1000人突破するにも時間がかかったし、最終的に1人万到達しなかった。大体、チャンネル登録数は再生回数の100分の1以下だった。

理由は、上の動画SEOとリアルやネットの口コミだけで再生数を稼ぐことが出来ていたから。そして、YouTubeが流行りだした頃でまだチャンネル登録文化が根付いていなかったから。

今はどうだろうか?チャンネル登録が1万以上、10万以上は山程いる。しかし、再生回数はチャンネル登録より少ない例が多い。チャンネル登録を気軽にするようになった反面で、たくさんチャンネル登録をしているからチャンネル登録をしているからといって毎回動画を観てもらえるとは限らなくなった。

動画SEOもチャンネル登録も、今も昔も大事だけれど昔と違って効果が薄い。二つをしっかりした上で、さらにもう一工夫ないと今は上手くいかない。

YouTubeを毎日投稿するべき理由

以上を踏まえて、どんな戦略でやるか考えた結果が「シンプルに、1人で、定期的に動画を増やす」だ。デンマイク時代は言うまでもなく「ド派手に、複数人で、単発当てに行く」だった。真逆。今は、いかにシンプルで1人で負担を減らして、定期的にコツコツ積み重ねが大事だなと感じた。編集は特にしない。コラボはたまにするかもしれないけれど基本1人で撮る。そして定期的に上げる事にして毎日19時にアップする。

とにかく毎日投稿することが大事。

理由は、動画SEOやチャンネル登録で競うのではなく、YouTubeという文化の流れに乗っかって、YouTubeという習慣に溶け込むことが今は強いから。日曜の朝に特定のアニメを見たくて起きたけど、早めに起きたからついでに他のアニメを見るように、平日の夜にドラマを見たくてリビングに来たけど前後のバラエティもつい見ちゃうように、テレビ文化を越えようとしているYouTubeの文化で、人々の習慣のついでや隙間時間を狙うのだ。

そのためには、長いより短い方が良くて、癖が強いより万人がちょっと気になるものが良くて、いつも新しいものがあると良いから定期的に更新するために負担が軽い1人が良い。

いつもアップしてるから最近の動画は何か確認をしてみよう!5分で見れちゃうからついでにちょこっと見てみよう!マイナーな検索ワードや関連動画にちゃっかり紛れ込んでるから見てみよう!手軽に見れるからなんとなくもう一度見よう!なぜかまたもう一度見ちゃった。あれ、なんかよく見てる?気がつけば毎回の動画が気になってしまっている!という風に思ってもらえて、サブでいいから見てもらえるチャンネルを目指すのが、今のYouTubeの文化には良い。

もちろん、それだけのコンテンツを作らなきゃいけないわけだから、簡単じゃない。しかし、ネタを掘り出しトークするというのは、YouTubeに限らず役立つスキルになる。

※ この記事はYouTube動画にもなっています

SNSシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

KOHEY NISHI / にしくん。1993年4月23日東京生まれ。身長109cm。23歳の時にアダルト業界で監督兼男優デビュー。現在は、タレント、俳優、YouTuber、プログラマー。そして、CBDエバンジェリストとして活動中。"KOHEY NISHI’S CBD ONLINE SHOP"オーナー。