KOHEY NISHI / にしくん 公式サイトはこちら

Vlogとは?|YouTubeで何を投稿するか?

Vlogとは

YouTuberとして何をしていこうか?と考えている人にVlogを提案したい。

正直、面倒なことは嫌いだ。大変なことも嫌いだ。やりがいのないこともしたくない。しかし、自分のスキルアップにつながることなら真剣にやりたい。自分のためになる上に、他人の役に立つことなら大きくやりがいを感じる。そして、今のYouTubeという文化環境の中で、YouTubeで成功をしたい。

そう考えると行き着くのはVlogだった。

Vlogとは?

“Vlog”とは、”Video blog”または”Video log”の略。ブログを動画で投稿する。毎日の記録投稿、日常の動画版ということ。海外では流行っているが、日本では残念ながら昔からあまり浸透していない。しかし、これから来ると考えている。

YouTubeというと、気合を入れて企画を考えて撮影しているイメージがある。YouTubeのために買い物や旅行や食事をしたり、YouTubeのためにバカなことをしたり。そして、動画編集という作業が待っている。だって、そこまでして面白い動画にならなければ、誰もわざわざYouTubeを開いて観ないから。

実は前から何度もYouTubeでVlogを始めようかと思っていた。つまり、毎日の記録や日常を動画にして、動画編集をする。しかし、ただ毎日の記録や日常だとつまらなすぎないか?とも思っていた。だから、どんな動画にしたら楽しいかを考える。すると、コンテンツを考える時点で普通のYouTubeに変わりなくなる。結果、その2つの狭間で悩みYouTubeもVlogも始められずにいた。

そして、正直Vlogはつまらない印象だった。だって、普通の人が、普通の日常を動画にしているだけだから。そんなに他人の日常に興味なんてない。

だから、Vlogはないと思っていた。事実、日本ではVlogは流行らなかった。

これからVlogが来る理由

しかし、今YouTubeで成功したいなら、Vlogが良い。

なぜなら、YouTubeに対する人々の文化習慣が変わったから。今と未来のYouTubeの文化習慣にVlogの性質はとても合っている。

昔は、なんとなくYouTubeを開くことはなかった。だから、特定の動画に興味を持って、その動画を観るためにYouTubeを開いた。派手なタイトルや内容で、他サイトから視聴者を釣る必要があった。

しかし、今は違う。今は、なんとなくYouTubeを開き、なんとなくYouTubeを見る人が増えた。どんな動画があるのか検索して調べる人も増えた。わざわざ派手なタイトルや内容で視聴者を釣る必要がなくなった。それよりも、気軽に観ることが出来て、観ることが習慣化しちゃう、ちょっと面白くてちょっと役立つ動画の方が需要がある。釣りタイトルやバカな動画よりも、気軽に、毎日ついつい観ちゃう動画が長期的に上手くいく。

昔はどうしたら100万再生行くかを考えて、1つ1つの動画を大事にした。しかし今は、1本の再生数よりも動画の本数で、再生数稼ぎよりもコアなファンがいてくれるスタイルの方が良い。

これは、インターネットの歴史の進化に似ている。昔はネットに情報を上げるならプロの役立つ情報であるべきだった。そもそもインターネットは学術論文のために作られた。ブログだって、知識人か有名人のするものだった。しかし今は、SNSが発達してTwitterなんてどうでも良いことで埋め尽くされている。ところが、そのどうでも良いことがみんなでアップすることで、参加型になって楽しくなった。一方的な受け身ツールから、コミュニケーションする場に変化した。

YouTubeが、今そうなろうとしている。そうなって来ている。YouTubeを見る人が増え、アップする人も増えた。だから、YouTubeを見るというハードルがとても低くなり、習慣になった。

そりゃ、知らないおっさんの単なる食事シーンは見たくない。しかし、ちょっと気になる人の、ちょっと気になる日常や、ちょっとためになる話は、軽いノリで見てもらえるようになったのだ。そして、それが面白いのだ。素人が無理に芸人ごっこしたりするよりも、素人は素人らしい動画で良い。それでも観られるし、受け入れられるようになったのだ。

話したいことを話せば良い!

ブログといっても色々なブログがある。だから、Vlogも色々なVlogがある。では、どんなVlogにして行こうか?

自分は、ただただ話したいことを話そうと思う。

Video blogだから、Videoとしてのクオリティを求めようとしていた。動画映えする物でなければならないと思っていた。しかし、今は動画が多様化している。ライブ配信などもある。だったら、話すだけで良いのではないか?

もちろん、話すネタとトークスキルだけで勝負しなければならないからある意味難易度は高い。しかしそれは、話すネタとトークスキル身に付ける訓練にもなって、一石二鳥と考えることにした。

動画編集が上手くなったって、動画を編集する場面でしか役立たない。しかし、動画編集がいらないほどにトークが上手くなれば、あらゆる仕事にも、友達や恋愛のコミュニケーションにも役立つ。だったら、トーク下手を動画編集で誤魔化すよりも、トークを磨いた方が良いじゃないか。

もちろん、話を聞いてもらう以上は需要があることを話さなければならない。幸いにも、ネタは山程あった。ガンと難病、アダルトの監督と男優、プログラマー、CBDエバンジェリストなどなど。実は発達障害、精神障害、LGBTだし、心理カウンセラーの資格もあるし、チーズの学校に通ってた過去もあったりする。何より、自分の場合は日常生活が既に普通と違う。

というわけで、毎日19時に話したいことを話す動画をYouTubeにアップしている。

※ この記事はYouTube動画にもなっています

SNSシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

KOHEY NISHI / にしくん。1993年4月23日東京生まれ。身長109cm。23歳の時にアダルト業界で監督兼男優デビュー。現在は、タレント、俳優、YouTuber、プログラマー。そして、CBDエバンジェリストとして活動中。"KOHEY NISHI’S CBD ONLINE SHOP"オーナー。